FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今・・・『和』の結婚式が増えています 神社 料亭 少人数 

神社や料亭での結婚式が増えています。それから『少人数』のお食事会のような披露宴。

神社の結婚式は、せっかく結婚式を挙げるなら和装『白無垢』などで神社で行いたいという人たちが増えています。

親戚の方々だけに集まっていただいたり 少人数の結婚式・披露宴も増えています。そういった場合、雰囲気の特別にイイ・・・お料理も美味しい 料亭が人気があります。

料亭といっても畳のお座敷だけでなく テーブルのお席の利用もできますし、そういった披露宴も多くなってきました。一つは 国際結婚が増えたこと。そして、足が悪いご高齢の出席者の方に考慮してテーブルのお席も あります。

料亭は、お料理など ふだんから結婚式と同じ価格帯で営業されてますから 結婚式が特別に高い料金体系でありません。結婚式だけでなくお祝いのお席で多く利用されています。

しかも その他の費用が かなり節約できるのも魅力です。合計金額で かなの節約になります。
また、持込が自由です。好きな衣裳を選んで持ち込みもできますし、ゆとりのあるお部屋を着付け室として格安で提供してくれます。

結婚式も日本古来の結婚式が行えます。三々九度や親族固めの盃などを中心にしたものです。

お客様(列席者)の方々の控え室も準備してくれますし、50名以上なら貸切のように利用できるところもあります。
スポンサーサイト

[2009/11/16 20:25] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

人前結婚式は 日本古来の結婚式と根本的な違いがあります 

いろいろな結婚式場に行きますが 司会者さんによって 人前式を日本古来から伝わる結婚式のように伝えてますが 根本的な違いがあります。

現在、伝えられてる日本古来の結婚式は そんなに昔に確立されたものではありませんが 明治以降として行われていた自宅で行われていた結婚式は『宗教色の濃い』ものでした。

人前式は、宗教は関係ないのが前提です。神様や仏様に誓うのではなく 結婚式や披露宴に列席された人たちに誓い、その皆さんが立会人となることです。

日本では ある一定以上の権力者たちが行った儀式が歴史的に記録されており 一般の人たちの結婚式については地域・身分など さまざまだったようです。豊臣秀吉が結婚した時は、土間に敷いた敷物の上に盃が置かれ式が行われたといった記述もあり とても『結婚の儀式』として確立されたものと呼べなかったようです。

結婚式は、どんなに 粗末な場所であったにしても その誓いの深さを語るものと別です。

◆それより 現在の人前式については、行われてるほとんどは 『感動』を受けるものが少ないように思います。誓いの詞は、二人で考えたものが少数派で 作られた雛形を棒読みしてる場合が多く、その言葉に『言霊』心のぬくもりや気持ちがこもっているものが少ないように思います。

お手軽で比較的、費用がかからないことで選んでいる人もいるようですが、本来の目的を大切にしたい人は 誓いの詞(ことば)だけでも 集まった人たちの前で その気持ちが伝わるように 自分たちの心を織り込む必要があり 実際に何回も声に出して確かめてみることをお薦めします。

[2009/11/12 23:56] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

新聞に誤った記事 

現在の結婚式事情に関連した記事で 某大手新聞に間違った<正反対>の情報が掲載されてました。<2009年10月23日>

記事の内容は九州の結婚式の費用<結婚費用総額429万円 その内の結婚式披露宴の総額費用は344万円>は 現在も下がっていないというものでした。

よく読むと サブプライム問題以前の統計資料をベースにしてあり すべての情報を あるブライダル情報誌に頼った形でした。ブライダル情報誌の読者から得られるものには、急増している 1.結婚式を挙げない人 2.少人数の結婚披露宴 3.写真だけの結婚式などの情報を含めたものでありません。

従来の結婚式場・ホテルでしない人たちが激増しています。料亭などを選んで親族だけで少人数の披露宴をする人も急上昇。ここ2~3年で4倍とか6倍に増加してると聞きました。

小さな結婚式をする方も お金が無い人というより 価値観の変化が大きいように思います。『結婚するなら結婚式披露宴はかならず やるもの』では なくなったのです。

また、違った例えですが 不況の世の中で盛大なウエディングはしたくないといった地方の有名企業の社長さんも・・・・取引先も景気が良くない。そういった人たちから高額なご祝儀をいただくことはしたくないから親族だけ集まってもらい 50名くらいの結婚式披露宴にしました。など・・・

そういった実情など さまざまな形で 結婚式・披露宴の少人数化は進んでいます。こういったお店はブライダル情報誌には広告を載せないお店も多くあります。

情報誌でブライダルの実情はつかめない時代になってきたということです。写真だけの結婚式・フォト婚・小さな結婚式といったお店は広告費がかからないようにネットだけで宣伝するところも増えました。

結婚する人は マスコミやブライダル情報誌などの情報で 本当の傾向はつかめなくなってきました。

[2009/11/11 12:30] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

★フォトプラン 安すすぎるお店を選ぶ時の注意点 

プチ結婚式とフォトプランなど 激安のお店選びで注意しておきたいことを書いておきます。★プロが提供する 一般レベル以上のものをお求めの方向けに書きます。

<基本的な情報>

ネットや雑誌に激安の広告が目立ちます。この半分以上は デタラメなご商売をやっています。
広告に使う写真は プロの美人モデル レベルの高い美容師を起用して 腕のいいカメラマンが撮影したものが使われています。または全国で撮影された中から特に良いものだけを採用しています。

しかし、実際にお客様を担当するのは以下のような形になります。

写真撮影をするカメラマンは 会社により求人段階で『素人さん』の募集を行っている大手の会社があります。激安の裏に利益至上主義が徹底しています。そこのカメラマンは月給10万円と少しですからカメラを買うこともできません。写真の知識は あまりありません。撮影のバリエーションも決まった形。写真写りが苦手な方の場合など 特にひどい結果になります。

また、写真撮影の専門会社の利用をうたっていても 経験未熟なアマチュアカメラマン<なるべく安く頼める>を 仕事がある時だけアルバイトで依頼する形です。ある一定のレベル以上のカメラマンはいません。少しでも高い価格のカメラマンはオプション(追加料金)になります。それでも 写真業界の中では あまり実力がない。平均的なプロカメラマンは 仕事を依頼されたとしても無理な価格ですし、業者も高いレベルのカメラマンは必要としてません。安価にすむ形で利益を上げることを優先したものになっています。

ヘアメイクを行う専門職のスタッフも専属<安価の月給制>の形です。現在、結婚式場などに入ってる美容師さんもレベルが低すぎることをご存知でしょうか? 和装なら 満足な着付けさえできないスタッフ。ヘアメイクも基本が良くないから キャバクラ嬢のような感じの仕上がりの写真をたくさん見ることができます。

◆レベルが低すぎるという現実は いろいろな情報で得られますが・・・インターネットの口コミは 業者が事前に良い情報だけを準備したブログの記事などしか上位表示されていませんから本当の情報は得ることが できません。

[2009/11/11 06:36] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンク 

◆結婚準備に役立つリンク集です


▼ウエディングサイトランキングは全国の質の高い業者さんが たくさん載っていて好きです。

ウェディングサイトランキング
ウェディングサイトランキング

▼結婚式をした体験談を元に 準備の流れやポイント、アイテムのそろえ方を紹介しているサイトです。
結婚式、披露宴準備に役立つアドバイス集 Bridal Link(ブライダルリンク) 


▼全国の各地域のブライダル情報が見れるサイトです。
Bridal Navi
[2009/11/08 04:55] リンク  | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。