FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブライダル情報誌の企画・制作も・・・・ 


ブライダル情報誌の企画~出版もやってきました

まだ、ゼクシィも無かったころの1988年にブライダルの情報誌をつくりました。
●はじめは簡単な内容でしたが、日本古来から伝わる家庭でやる結婚式を取り上げました。記事は、結婚するお二人に企画提案して実際に行われた結婚式を記事にしました。お二人に提案したのは、わたしですが、結婚するお二人が、ぜひやりたいということで実現しました。●三々九度の盃にお酒をそそぐ役目は雄蝶(オチョウ⇒男の子)と雌蝶(メチョウ⇒女の子)と呼ぶ小さな子供が行います。この時は、3歳と5歳のご親族でした。
結婚式や披露宴を企画したものを記事にして情報誌を作るスタイルでしたが、その当時に一般的だった結婚披露宴に大きな疑問を抱いていたことが大きな理由でした。
●もう数年前から、ご媒酌人がいないウエディングが一般的になってきましたが、私は、ご媒酌人の存在は必要ないのではないかと思っていました。もちろん、人間関係や社会的な立場からご媒酌人を立てる場合があってもいいのです。しかし、結婚式・披露宴をやる場合は、かならず、ご媒酌人を立てないといけない(当然の常識になっていました。) でも、私は、反対でした。結婚式や披露宴をやる場合に、★本当に参列者の方々に喜ばれる披露宴を実現したいのなら、ご媒酌人はプラスに作用しないという確信がありました。

★かなり昔の時代、結婚する二人の職業や環境・人間性などを知った上でお見合いの仲介をしてきた仲人さんなら別ですが、ほとんどの場合、結婚式披露宴だけの形式的な存在でした。日本の場合、特に感じるのですが、伝統的な儀式ではなく、形式にとらわれ中身がないことに、こだわりや常識をくっつける傾向があり大切にしてきた歴史があります。表面的な形だけの存在は意味が無いことの説明として一番参考になるのが、結婚式のご媒酌人だと思います。だいたいの場合ですが、人間関係も希薄で、二人の出会いはもちろん、お二人のフルネームさえ、知らない方がご媒酌人という場合が多かったのです。その方が、披露宴の始めに新郎新婦の人間性を含めた紹介をするのは、どう考えてもオカシイと思いました。しかし、その当時、ご媒酌人はいらないという考えは、常識が無い人間としかみられませんでした。

★しかし、私が予想してたように、ご媒酌人の存在は、無くなってきました。本質的に価値が無いものは消えていくという確信があったからです。
ただ、同時に大切にしていきたい価値のある日本の文化で消えていくものもあります。悲しいことですが時代の流れです。ただ、いいものは少数派であっても続いていくし復活すると信じています。

★それから、現在、昔は、オリジナルウエディングというスタイルのものが、一般的になりました。昔と比べれば、列席者に喜ばれるウエディングが実現しやすい環境になってきましたが、また、新しい問題や課題が出てきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://11221011.blog69.fc2.com/tb.php/17-5a49824b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。