FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新聞に誤った記事 

現在の結婚式事情に関連した記事で 某大手新聞に間違った<正反対>の情報が掲載されてました。<2009年10月23日>

記事の内容は九州の結婚式の費用<結婚費用総額429万円 その内の結婚式披露宴の総額費用は344万円>は 現在も下がっていないというものでした。

よく読むと サブプライム問題以前の統計資料をベースにしてあり すべての情報を あるブライダル情報誌に頼った形でした。ブライダル情報誌の読者から得られるものには、急増している 1.結婚式を挙げない人 2.少人数の結婚披露宴 3.写真だけの結婚式などの情報を含めたものでありません。

従来の結婚式場・ホテルでしない人たちが激増しています。料亭などを選んで親族だけで少人数の披露宴をする人も急上昇。ここ2~3年で4倍とか6倍に増加してると聞きました。

小さな結婚式をする方も お金が無い人というより 価値観の変化が大きいように思います。『結婚するなら結婚式披露宴はかならず やるもの』では なくなったのです。

また、違った例えですが 不況の世の中で盛大なウエディングはしたくないといった地方の有名企業の社長さんも・・・・取引先も景気が良くない。そういった人たちから高額なご祝儀をいただくことはしたくないから親族だけ集まってもらい 50名くらいの結婚式披露宴にしました。など・・・

そういった実情など さまざまな形で 結婚式・披露宴の少人数化は進んでいます。こういったお店はブライダル情報誌には広告を載せないお店も多くあります。

情報誌でブライダルの実情はつかめない時代になってきたということです。写真だけの結婚式・フォト婚・小さな結婚式といったお店は広告費がかからないようにネットだけで宣伝するところも増えました。

結婚する人は マスコミやブライダル情報誌などの情報で 本当の傾向はつかめなくなってきました。
スポンサーサイト

[2009/11/11 12:30] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。